1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国ドラマ > 
  4. 記事

SS501キム・ヒョンジュン(マンネ)主演「輝ける彼女」、日本のKNTVで3月10日から放送決定

2012年01月28日 13:55

KBS Dramaチャンネルの「自己発光の彼女」(脚本ユ・ヨンウン、ソン・ミンス、演出イ・ジョンピョ)が日本での放映を前に関心を集めている。

KBS Dramaチャンネルの「自己発光の彼女」(脚本ユ・ヨンウン、ソン・ミンス、演出イ・ジョンピョ)が日本での放映を前に関心を集めている。【写真詳細】

 KBS Dramaチャンネルの「輝ける彼女」(脚本ユ・ヨンウン、ソン・ミンス、演出イ・ジョンピョ)が日本での放映を前に関心を集めている。

 「輝ける彼女」は3月10日からKNTVで放送開始予定だが、すでに日本のファンから圧倒的な支持を受けていて、放映前にもかかわらずKNTVサイト内で番組ホームページ訪問者数が1位(25日現在)に。「今最も見たいドラマ」として、現在放送されている「シークレット・ガーデン」などのヒット作を差し置いて高い関心を得ている。

 韓国でもケーブルテレビ放送にもかかわらず大いに注目されている「輝ける彼女」が、すでに日本でも関心の高い韓流ドラマであることが証明された。「輝ける彼女」は土曜日の夜11時15分に放送が確定し、KNTV側の意気込みも相当高いようだ。

 ドラマの制作会社は「『輝ける彼女』のメインキャスト、キム・ヒョンジュン(マンネ)が日本で人気が高く、歌手から俳優に転身した初出演作として期待されているためにドラマの人気も高い。現代的で新鮮で独特なロマンチック・コメディーであると日本に伝わり大いに関心を持たれているようだ」と答えている。

 「輝ける彼女」はヒロインのチョン・ジヒョン(ソ・イヒョン)を巡り愛の争奪バトルを繰り広げる売れっ子ディレクターのノ・ヨンウ(パク・グァンヒョン)とトップスターのカン・ミン(キム・ヒョンジュン)が中心のストーリーで、他にもコ・ナウンやチェ・ヨンウンなどの魅力的な俳優たちが登場することで注目を集めている。

 ストーリーTVとエスエイチクリエイティブワークスの共同制作ドラマ「輝ける彼女」は全12話で韓国では毎土曜夜12時から放送、日本ではKNTVで3月10日から電波に乗る予定だ。(翻訳:中島礼子)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国ドラマの最新ニュース

»もっと見る