1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国映画 > 
  4. 記事

映画『危険な関係』チャン・ドンゴン、釜山国際映画祭の記者会見に出席―“彫刻美男”から“悪い男”へ

2012年10月09日 16:07

第17回釜山国際映画祭(BIFF)のガラプレゼンテーション(Gala Presentation)映画である『危険な関係』(監督ホ・ジノ)の記者会見が、5日午後、釜山海雲台(ヘウンデ)の新世界センタムシティ文化ホールで開かれた。

第17回釜山国際映画祭(BIFF)のガラプレゼンテーション(Gala Presentation)映画である『危険な関係』(監督ホ・ジノ)の記者会見が、5日午後、釜山海雲台(ヘウンデ)の新世界センタムシティ文化ホールで開かれた。【写真詳細】

第17回釜山国際映画祭(BIFF)のガラプレゼンテーション(Gala Presentation)映画である『危険な関係』(監督ホ・ジノ)の記者会見が、5日午後、釜山海雲台(ヘウンデ)の新世界センタムシティ文化ホールで開かれた。

 第17回釜山国際映画祭(BIFF)のガラプレゼンテーション(Gala Presentation)映画である『危険な関係』(監督ホ・ジノ)の記者会見が、5日午後、釜山海雲台(ヘウンデ)の新世界センタムシティ文化ホールで開かれた。

 この日の記者会見には、主演のチャン・ドンゴン、チャン・ツィイー、セシリア・チャンが出席した。

 『危険な関係』は、1782年にフランスの作家コデルロス・ド・ラクロによって書かれた小説を映画化した作品。1931年の上海を舞台に、金と権力を持つ社交界の女王モジウェウィ(セシリア・チャン)、上海最高のプレイボーイ シェイパン(チャン・ドンゴン)、美しい未亡人トゥパンイ(チャン・ツィイー)の危険な三角関係を描いた作品だ。(翻訳:中川)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国映画の最新ニュース

»もっと見る