1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国映画 > 
  4. 記事

俳優キム・スヒョン、新作ノワール映画で初の1人2役とアクションに挑戦

2017年06月05日 10:49

 映画『リアル』(監督:イ・サラン、製作:コブピクチャーズ、配給:CJエンターテイメント)が新たなノワール・アクション映画の魅力と、出演俳優たちの緊張感あふれる報道用スチール10枚を公開した。

 『リアル』はアジア最大規模のカジノを巡る2人の男の巨大な秘密と陰謀を描いたアクション映画。組織のボス、チャン・テヨンに扮したキム・スヒョンがスタイリッシュなスーツ姿で相手を圧倒する鋭い眼光が特に目を引きつける。劇中でテヨンのカジノを狙うライバルのチョ・ウォングン(ソン・ドンイル)の本拠地に単身乗り込み、敵たちを制圧する姿と、傷のついた顔で何者をにらむスヒョンの目が、彼の役者としての新たな変貌に対する期待をかきたてる。

 またスヒョンは本作で初の1人2役に挑戦しており、スチールに写った彼の役が果たして組織のボスであるチャン・テヨンか、謎の男チャン・テヨンかという好奇心をあおり、世間の関心を集めている。

 さらに別のスチールではアクション・ノワール映画の完成度を高めた華麗な俳優陣の姿が視線をとらえる。『リアル』は、ソン・ドンイル、イ・ソンミン、チェ・ジンリ、チョ・ウジンといった名バイプレーヤーたちが出演して新鮮なタッグが注目されている中、俳優たちのパワフルな姿への変身ぶりも注目ポイントだ。煙が立ちこめる場所に座り、意味深な微笑で握手を求めるチョ・ウォングンの姿、神秘的な雰囲気の診療室でカウンセリング中の神経精神科医チェ・ジンギ(イ・ソンミン)のビジュアルは、彼らが本作で見せる活躍への好奇心を刺激する。

 さらにリハビリ治療士のソン・ユファ(チェ・ジンリ)の魅惑的な赤いドレスの美しい姿と、VIPのためなら何でもする専門弁護士サ・ドジン(チョ・ウジン)の姿は、彼らが要所要所で見せるであろう重要な役どころに対する期待を高める。

 これらのスチールは、尋常ではない関係性を暗示しており、このアクション・ノワールでキャラクターたちが描き出すストーリーへの関心を集めている。

 映画『リアル』は6月末に公開予定。(翻訳:中島礼子)

※この記事はKstars提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国映画の最新ニュース

»もっと見る