1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国映画 > 
  4. 記事

コン・ユ、映画『はちみつ色のユン』のナレーションに挑戦

2014年05月10日 20:03

コン・ユが映画『はちみつ色のユン』のバリアフリーバージョンの画面解説ナレーションを務めた。写真=マネジメントSOOP

コン・ユが映画『はちみつ色のユン』のバリアフリーバージョンの画面解説ナレーションを務めた。写真=マネジメントSOOP【写真詳細】

 コン・ユが映画『はちみつ色のユン』のバリアフリーバージョンの画面解説ナレーションを務めた。

 バリアフリー映画とは、視聴覚障害者が非障害者と一緒に映画を見ることができるよう画面解説と字幕を加えたもので、今回コン・ユが初めて画面解説に挑戦した。

 公開された写真は、先月ヤンスリ総合撮影所のレコーディング室でナレーションに取り組むコン・ユの姿だ。カジュアルなTシャツとジーンズ姿で台本に集中している様子が見て取れる。コン・ユは初めてにも関わらず僅か2時間でレコーディングを終えスタッフらを驚かせた。

 作業を終えたコン・ユは、「前からバリアフリー映画には興味を持っていたが、今回良い機会を頂いてナレーションに参加することになった」とし、「映画を見る方々が内容を逃さないよう、できるだけ正確にハッキリと落ち着いた口調で読むよう努力した」と感想を伝えた。

 5月8日より公開される映画『はちみつ色のユン』(ユン、ローラン・ボアロー監督)は、これまで80カ国の映画祭に招待され、23の賞を受賞している。5歳の時にベルギーに養子に出され世界的漫画家になったユン監督(韓国名:チョン・ジョンシク)が出版した同名漫画をもとに自伝的な物語を描いた作品で、フランスのドキュメンタリー映画監督ローラン・ボアローも参加した。バリアフリーバージョンは5月13日に公開される予定だ。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国映画の最新ニュース

»もっと見る