1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

TWICE、デビュー後初となるパク・ジニョンの曲でカムバック

2017年05月09日 14:14

[写真]JYPエンターテイメント

[写真]JYPエンターテイメント【写真詳細】

 TWICEがデビュー後初めてJYPエンターテイメント(以下、JYP)のパク・ジニョンプロデューサーの曲でカムバックし、話題となっている。

 JYPは2日午後6時、自社公式ホームページとSNSを通じてTWICEのミニ4thアルバム「SIGNAL」のトラックリストを公開し、タイトル曲である「SIGNAL」の作詞作曲をパク・ジニョンプロデューサーが手掛けたことを発表した。

 韓国歌謡界で今最も熱いガールズグループTWICEの曲を、歌謡界の名曲を数多く誕生させたプロデューサー、パク・ジニョンが手掛けたということで、大きな関心と期待が集まっている。先立ってパク・ジニョンは4月21日、インスタグラムを通じて音楽作業の様子を写した画像とともに、「Finally … ついに作業を終えました^^」という文を掲載、JYP X TWICEのシナジーを予告していた。

 公開されたトラックリストによると、アルバムにはタイトル曲「SIGNAL」をはじめ「一日に3回」、「Only 君」、「Hold Me Tight」、「Eye Eye Eyes」、「Someone Like Me」など計6トラックが収録されている。

 特に、TWICEのメンバー、ジヒョとチェヨンが共同で「Eye Eye Eyes」の作詞を手掛けたことも注目を集めている。また、JYPの先輩であるHA:TFELTのイェウン(元Wonder Girls)が「Only 君」の作詞を手掛けてTWICEをサポートしている。このほか、「一日に3回」、「Hold Me Tight」、「Someone Like Me」を含む全曲を著名な作詞家と作曲家が手掛け、完成度の高いアルバムとなっている。

 また、同トラックリストは宇宙を背景に浮かぶ地球と思われる星と宇宙船のような物体の間に「SIGNAL」のロゴが浮かんでおり、新曲のコンセプトに対する好奇心をますます煽っている。

 なお、トラックリストに続いて3日0時には、ナヨン、サナ、ダヒョンの個人ティーザーイメージも公開された。彼女たちはそれぞれ異なる表情をして頭の両サイドで親指と小指を立て、まるでレーダーで信号をキャッチするようなポーズを披露、この動作が何を意味するのか関心が集まっている。

 TWICEは15日午後6時に「SIGNAL」の音源とミュージックビデオを同時公開し、同日午後8時にショーケースを開催する。このショーケースはNAVER V LIVEでも生中継される。また、カムバックを記念して6月17日と18日、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館でアンコールコンサート「SIGNAL ENCORE TWICELAND」を開催する予定だ。

 デビュー曲「OOH-AHHに(優雅に)」から「CHEER UP」、「TT」、「KNOCK KNOCK」とデビュー1年半で4曲を連続ヒットさせ、韓国歌謡界を代表するガールズグループとなったTWICEが、パク・ジニョン作の新曲「SIGNAL」で5連続ヒットを放つのか、また、この曲で果してJYPを象徴する特有のイントロも聴くことができるのか、注目が集まっている。(中川)

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る