1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

少女時代ヒョヨン&Miss Aミン&2AMチョ・グォンのTriple T、ベール脱ぐ【動画】

2016年08月27日 17:42

少女時代ヒョヨン、Miss Aミン、2AMチョ・グォンによるチームTriple T(トリプルティー)が25日、ついにベールを脱いだ。写真:SMエンターテインメント

少女時代ヒョヨン、Miss Aミン、2AMチョ・グォンによるチームTriple T(トリプルティー)が25日、ついにベールを脱いだ。写真:SMエンターテインメント【写真詳細】

少女時代ヒョヨン、Miss Aミン、2AMチョ・グォンによるチームTriple T(トリプルティー)が25日、ついにベールを脱いだ。写真:SMエンターテインメント

■新曲『Born to be Wild(Feat.パク・ジニョン)』音源とPV、同時公開

 少女時代のヒョヨン(SMエンターテインメント所属)、Miss Aのミン、2AMのチョ・グォン(JYPエンターテインメント所属)によるチームTriple T(トリプルティー)が25日、ついにベールを脱いだ。

 SMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル“STATION”(ステーション)の29番目の新曲、Triple Tの『Born to be Wild(Feat.パク・ジニョン)』がMelOn、Genie、Naver Musicなどの音楽配信サイトで音源がリリースになり、PVも同時公開された。

 またTriple Tは音源リリースに先立ち、25日放送のMnet『エムカウントダウン』に出演。新曲『Born to be Wild(Feat.パク・ジニョン)』のステージを初披露し、午後9時にはNAVERのスターライブアプリケーションVで生放送も行い、新曲とチームの紹介の時間を設けた。

 JYPエンターテインメントの代表パク・ジニョンが作詞、作曲、そしてフィーチャー参加した今回の新曲『Born to be Wild(Feat.パク・ジニョン)』は、アメリカ南部のサウス・ヒップホップスタイルのナンバーで、ボーカルとダンスパートが見事に組み合わさった愉快なパーティーソング。ヒョヨン、ミン、チョ・グォンのそれぞれ異なるボーカルの魅力が感じられる内容で、音楽ファンたちの大反響が得られる予想だ。

 また、独特の映像効果が印象的な今回のPVは、『Born to be Wild』というタイトルにふさわしく激しいエネルギーとヒップなセンスの振り付け中心のパフォーマンス映像で構成。フリースタイルダンスも見られるうえ、パク・ジニョンもPVに出演するとあって視線を引きつけそうだ。

 Triple TはMnet『エムカウントダウン』を皮切りに、26日にKBS2『ミュージックバンク』、27日にMBC『ショー!K-POPの中心』、28日にSBS『人気歌謡』などの音楽番組に出演し、『Born to be Wild(Feat.パク・ジニョン)』のステージを披露する。(翻訳:中島礼子)

■Triple T 「Born to be wild」エムカウントダウン初ステージの映像

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る