1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国ドラマ > 
  4. 記事

見逃せない新年の韓国ドラマは…ソン・ヘギョ&ソン・ジュンギ「太陽の末裔」など話題作が目白押し!

2015年12月28日 19:41

新年に注目の新ドラマが続々スタートするとあって、視聴者の期待が高まっている。

新年に注目の新ドラマが続々スタートするとあって、視聴者の期待が高まっている。【写真詳細】

 新年に注目の新ドラマが続々スタートするとあって、視聴者の期待が高まっている。

 来年上半期のドラマでは、女性陣の勢いが熱い。まず注目されるのは、tvNの金土ドラマ「シグナル」(1月22日放送スタート)で刑事役を演じるキム・ヘスだ。KBS 2TV「オフィスの女王」(2013)で確固たる演技力を見せた彼女は、3年ぶりにテレビドラマに復帰。同作でキム・ヘスは初めてケーブルTVドラマに出演することになる。

 デビュー以来、初めてケーブルTVドラマに足を踏み入れるのはコ・ヒョンジョンも同じだ。リアリティ番組で話題を集めた彼女は、ノ・ヒギョンが脚本を手掛ける5月スタートのtvNドラマ「ディア・マイ・フレンド」で3年ぶりにドラマに出演する。

 2013年にKBS 2TV「その冬、風が吹く」以後ドラマから離れていたソン・ヘギョも、来年2月から放送が始まる「太陽の末裔(仮題)」で主人公を演じる予定だ。ソン・ヘギョと今年5月に除隊したソン・ジュンギの2大スターが見せるアンサンブルに、期待が高まっている。

 前作で期待を下回る視聴率を得たハン・イェスルは、JTBC「マダム・アントワン」で神秘的な占い師役を演じ、名誉回復を図る。同作は、キム・ヘスの「シグナル」と同日同時間に放送スタート。

 この他、MBC TV「キルミー・ヒールミー」「彼女は綺麗だった」で今年全盛期を迎えたファン・ジョンウムと、KBS 2TV「棚ぼたのあなた」(2012)以来、長期休業中のキム・ナムジュも様々な作品の主役候補として名が挙がっている。

 有名プロデューサーや脚本家たちも作品作りに力を注いでいる。

 作家キム・スヒョンは、2月13日にSBS TVで放送がスタートする家族ドラマ「そう、そういうこと(仮題)」で復帰。彼女特有のストレートな台詞回しを心待ちにしている視聴者も多い。

 「ディア・マイ・フレンド」は、作家ノ・ヒギョンが筆を執ったことで話題を集めている。独自のスタイルを貫く彼女が、キム・ヨンオク、キム・ジヨン、キム・ヘジャ、ナ・ムンヒ、チュヒョン、パク・ウォンスク、コ・ドゥシムら大物俳優たちとどのような世界観を繰り広げていくのか、期待が高まっている。

 「シークレットガーデン」「紳士の品格」「相続者たち」「パリの恋人」などSBSで相次いでヒット作を出した脚本家キム・ウンスクは、期待の大作「太陽の末裔」で舞台をKBSに移した。「太陽の末裔」、イ・ヨンエの復帰作「師任堂、ザ・ハーストーリー(the Herstory) 」(9月放送予定)、青春アクションドラマKBS 2TV「武林学校」(1月11日初放送)など多くの作品が中国市場を狙って100%事前制作される点も、ドラマ市場の主な変化の一つと言える。

 MBC大河ドラマの名プロデューサー イ・ビョンフンは、3月の大河「獄中花」を手掛ける。監獄で生まれたオクニョが、朝鮮時代の弁護士制度である外地部を舞台に冤罪に苦しむ人々を救う姿を描いたストーリーで、「ホジュン~伝説の心医~」「商道-サンド-」を共に作り出した脚本家チェン・ワンギュと再びタッグを組む。

 「シグナル」は、2014年にtvN「未生~ミセン~」で一躍有名となったプロデューサー キム・ウォンソクが、SBS TV「幽霊」「サイン」の脚本家キム・ウニとタッグを組む。

 また、各放送局は2015年に大きなヒット作が出なかった大河ドラマにも力を入れている。

 KBSは新年早々に、24部作大河ドラマ「チャン・ヨンシル」(1月2日放送スタート)を用意している。

 三つ子の父として国民的な人気を集めたソン・イルグクの主役抜擢も話題だが、大河で取り上げられることのなかったチャン・ヨンシルを主人公にした点も魅力的だ。

 MBCも龍仁大長今パークに30億ウォンを投入し、「獄中花」のセットを大々的に作るなど準備に余念がない。「獄中花」がMBCの期待どおり第2の「チャングムの誓い」となるのか注目が集まっている。

 まだ放送局が確定していないドラマ「花廊」は、新羅時代の花廊(青年組織のリーダー)を主人公とした作品。パク・ヒョンシク、パク・ソジュン、コ・アラが有力候補に挙がっているこの作品が、似たような題材を扱ったKBS 2TV「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010)ほどの人気を博すのか注目される。

 新年に「彼女は綺麗だった」の後を引き継ぐラブコメディは、果たしてどのドラマになるのかにも関心が集まっている。

 チャン・ナラとチョン・ギョンホが共演するMBC TV「もう一度ハッピーエンド」(1月20日放送スタート)と、RAIN(ピ)が出演するSBS TV「帰ってきて、おじさん」(3月スタート)、キム・ウビンとスジ(Miss A)が共演するKBS 2TV「むやみに切なく」のニュースも、ファンの熱い期待を集めている。

 また、パク・ヘジン、キム・ゴウン主演のtvN「チーズ・イン・ザ・トラップ」(1月4日放送スタート)と、イ・ジンウク、ムン・チェウォン主演のMBC TV「グッバイ、ミスターブラック」など新年にはWebToon(ウェブコミックアプリ)や漫画を原作とした作品も数多くスタートする。(中川)

※この記事はKstars提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国ドラマの最新ニュース

»もっと見る