1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国ドラマ > 
  4. 記事

<女の香り>最終回まであとわずかで視聴者、キム・ソナを助けて!と“救命運動”

2011年09月09日 15:10

韓国SBSの週末ドラマ「女の香り」のエンディングに視聴者の関心が高まっている中、余命宣告されたキム・ソナのための救命運動が繰り広げられている。

韓国SBSの週末ドラマ「女の香り」のエンディングに視聴者の関心が高まっている中、余命宣告されたキム・ソナのための救命運動が繰り広げられている。 【写真詳細】

 韓国SBSの週末ドラマ「女の香り」のエンディングに視聴者の関心が高まっている中、余命宣告されたキム・ソナのための救命運動が繰り広げられている。

 キム・ソナは 「女の香り」で、余命宣告を受けたが生きる希望を捨てまいとするヨンジェを熱演中だ。最終回までわずか2回を残した「女人の香り」の予測できないエンディングに視聴者たちの関心は高まる一方だ。  

 果たしてヨンジェが余命宣告された初期設定のまま人生に幕を閉じてしまうのか、ジウク(イ・ドンウク)との関係はどうなるのか、残された彼らの人生はどんなふうに描かれるのか。多くの視聴者たちは、胆のうがんの末期を宣告された後、涙が乾く日のない日々を送っているヨンジェに向けて力強い応援のコメントをし「ヨンジェを助けて」と救命運動を繰り広げている。

 出演者たちや製作陣にも結末について緘口令が敷かれている中、多くの視聴者やネットユーザーらは、色とりどりの結末のシナリオを考え出し、想像を絶するエンディ ングを予測しているという。

■誤診の可能性?ハッピーエンド説
 多くの視聴者はヨンジェの癌末期診断に誤診の可能性を提起している。抗がん治療なども行っているため、その可能性はかなり低いが視聴者らは明るい結末を望んでいる。

 実際、余命宣告をされた主人公を描いた映画やドラマで誤診だったという場合もあるため、ハッピーエンド説の支持も多い。アメリカ映画「ラストホリデー」もまた不治の病に侵された主人公が大どんでん返しで生き残るという結末だったため、女の香りファンもやはりこのような結末を望んでいる。

■これまでの全てがヨンジェの夢! 「一場の春夢」説
 悲劇的結末を望まない別の視聴者らは、これらが全て夢なのではないかと予想している。誰もが一度は夢見るハンサムでお金持ちの男との恋愛だったり、普段やってみたかったことを思う存分やってみるという夢だったのではと。

 少々信じがたいシナリオだが、視聴者らは「ヨンジェを生かしてあげることさえできるのなら一夜の夢であったほうがましだ」と言う。

■生きてる瞬間を応援してあげよう!予定通りの悲劇的結末説
 ヨンジェの死をそのまま受け止めようという意見も相当数だ。ヨンジェの生死がどうかよりも生きている瞬間を応援してあげようというのだ。死ぬには若すぎる年齢だが、自身の運命を受け入れ最後の瞬間まで一生懸命生きようとするヨンジェを応援するというもの。

 ヨンジェをとりまく人物、即ち愛する恋人ジウク、母親のスンジョン、親友のヘウォンらがヨンジェの分まで幸せになればヨンジェの死も報われるのではという意見。

■To be continue....つづく説
 多くの視聴者は最終回まであと2回しか残っていないことに名残惜しさを感じ、パート2を作ってほしいと要求している。ストーリーをもっと広げることができるのではという意見。

 ヨンジェの力になってくれたウンソクやジウク、ジウクの後ろに立つセギョン、中年恋愛をスタートさせた母親スンジョンとヨンジェの高校教師だったドンミョンらのこれからの展開にも興味のある視聴者たちの意見だ。

 製作会社側は「人生における本当の意味をもう一度考えさせてくれたこのドラマを最後まで見守ってほしい」と述べた。

 本ドラマは11日夜9時50分放送の第16話を最後に幕を閉じる。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国ドラマの最新ニュース

»もっと見る