1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国ドラマ > 
  4. 記事

<女の香り>第14話 キム・ソナ、母親に癌を告白

2011年09月06日 17:22

韓国SBS週末ドラマ「女の香り」第14話は、視聴率20.4%を記録した。ヨンジェ(キム・ソナ)と一番親しい患者ヒジュ(シン・ジス)の病状が突然悪化し、亡くなるという衝撃の中、ヨンジェは母親スンジョン(キム・ヘオク)に病気のことを伝える決心をする。

韓国SBS週末ドラマ「女の香り」第14話は、視聴率20.4%を記録した。ヨンジェ(キム・ソナ)と一番親しい患者ヒジュ(シン・ジス)の病状が突然悪化し、亡くなるという衝撃の中、ヨンジェは母親スンジョン(キム・ヘオク)に病気のことを伝える決心をする。【写真詳細】

 4日に放送された韓国SBS週末ドラマ「女の香り」第14話は、視聴率20.4%を記録した(AGBニールセン、首都圏基準)。ヨンジェ(キム・ソナ)と一番親しい患者ヒジュ(シン・ジス)の病状が突然悪化し、亡くなるという衝撃の中、ヨンジェは母親スンジョン(キム・ヘオク)に病気のことを伝える決心をする。

 ヨンジェは抗がん治療のため病院に入院しヒジュと久しぶりに会う。ちょうどヒジュの母親がフィリピンから会いに来ていて母親との幸せな時間を過ごすヒジュを見ていてヨンジェはたくさんのことを考えさせられる。病気のことを母親に伝えられずにいるヨンジェは、ヒジュとヒジュの母親の仲のよさそうな姿を見て刺激されたのだった。

 病状が悪化し、死が近づいていることを悟ったヒジュは、普段から憧れていた医師ウンソク(オム・キジュン演)にタンゴを一緒に踊って欲しいと言ったり、インターネットに連載を描いていたマンガを終了させたりと最後の整理をした。結局ヒジュは亡くなってしまい、病棟を悲しみに沈めた。ヒジュの死によりパニック状態になったウンソクは、ヨンジェに「生きて・・、お前だけでも生き残ってくれ」と涙ながらに言い、視聴者の胸を詰まらせた。

 ヒジュの死に衝撃を受けたヨンジェは、自身の病気を母親にも伝えなければならないと決心し、二人きりの時間を作る。遊覧船に乗り、気持ちのいい夜風に吹かれる二人。ヨンジェは「お母さん、私がお母さんのことどんなに愛してるかわかってるよね?私、お母さんに告白したいことがあるの」と切り出し、「私、癌なの・・、ごめんね、お母さん・・」と涙ながらに告白した。母親の幸せを少しでも壊したくなかったヨンジェは更に大きく母親を傷つける前に事実を言わなければと思い告白したのだ。

 いつもに増して幸せな時間を過ごしていたスンジョンにとってヨンジェの告白は大きな衝撃であるしかなかった。ヨンジェの彼氏ジウクの存在を知り喜び、また自身は昔の恋人と恋愛をスタートさせていたスンジョンにとってこんな悲劇が起こるとは・・。スンジョンが受けた衝撃と傷を予感した視聴者は涙を流さずにはいられなかった。

 放送後、視聴者らは「結局わかってしまう事実ではあったけれど・・、心が痛い・・」「母親とも整理する時間が必要なはずだから仕方のない選択だったと思う・・」「ジウクとヨンジェの恋も悲しいけど、母親の気持ちを考えるともっと悲しい」などと感想を書き込んだ。

 一方、ヨンジェはジウク(イ・ドンウク)と本格的に恋愛をスタートさせ、一緒に「死ぬ前にやっておきたいことリスト」を完成させることを始めた。ヨンジェはジウクとより意味のある時間を過ごすため、孤児院を訪ね子供たちの世話をしたり、辞表を出したジウクを説得し、もう一度会社に戻らせたりした。

 初回から感動を与え、大切なメッセージを伝え、視聴者の爆発的支持を得ている本ドラマは最終回まであと2話を残しているが、今後の展開に更なる期待がかかるところだ。放送は毎週土日夜9時50分。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国ドラマの最新ニュース

»もっと見る