1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

Wonder Girls、解散前のラストシングルが6つのチャートで1位に

2017年02月14日 11:08

[写真]JYPエンターテイメント

[写真]JYPエンターテイメント【写真詳細】

 Wonder Girlsの10年間の活動の最後を飾るラストシングル「描いて」の歌詞が、ファンの心を打った。歌詞を書いたメンバーのイェウンとユビンは、10年間思い出を共にしたファンたちへ贈る最後のメッセージを歌に込めた。

 10日0時に公開された同曲は、午前9時基準のMnet、Olleh Music、genie、NAVER MUSIC、Bugs Music、Soribadaなど6つの音源サイトのリアルタイムチャートで1位に輝いた。

 イェウンは自身のインスタグラムに、「Wonder Girlsの10周年にこんなことしができないのが残念だし申し訳ないです。どんな言葉でも何をしても、この別れに対する気持ちを表せないけれど、これまでもずっとそうだったように、一番私たちらしい表現方法は音楽なんだと思います。これまでWonder Girlsを愛してくださった皆さんに改めて感謝いたします」というメッセージを掲載した。

 ヘリムもインスタグラムに、「本当に本当にありがとうございます!」というメッセージを掲載、感謝の気持ちを表した。

 Wonder Girlsは2007年に「Irony」でデビューし、「So Hot」、「Tell me」、「Be My Baby」、「Like This」などのヒット曲を出した。2008年に発表した「Nobody」では、レトロブームに火を付けた。

 所属事務所JYPエンターテイメントは、「Wonder Girlsはダンス曲からバンド音楽までこなすオールマイティなアーティストとしての実力をアピールし、今までにない、そしてこれからも他にはないガールズグループという地位を得た」と彼女たちを評価しだ。

 Wonder Girlsは先月26日に解散を発表。4人のメンバーのうちソンミとイェウンはJYPと再契約を結ばなかった。(中川)

※この記事はKstars提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る