1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 芸能 > 
  4. 記事

俳優チャン・グンソクが “分かち合い”をテーマに講演

2015年12月25日 20:42

俳優チャン・グンソクがファン向けの特別講演を行って話題を呼んでいる。写真:公式ホームページ

俳優チャン・グンソクがファン向けの特別講演を行って話題を呼んでいる。写真:公式ホームページ【写真詳細】

俳優チャン・グンソクがファン向けの特別講演を行って話題を呼んでいる。写真:公式ホームページ

 俳優チャン・グンソクがファン向けの特別講演を行って話題を呼んでいる。

 韓国の大学で初の“分かち合い教授”として委嘱されたチャン・グンソクは、今月10日に漢陽(ハニャン)大学の学生たちの熱烈な要望により、教養科目「フィランソロピーの理解と実践」の講演を行って話題を集めた。

 その後、彼の講演を聴きたいというファンたちからの問い合わせが殺到し、2度目の講演が行われた。19日、漢陽大学のペンナム音楽館はチャン・グンソクの講演を聴きに来た国内ファン250人以上で大盛況となった。

 チャン・グンソクはファンのためにコーヒーやお餅、プレゼントなどを準備して格別なファンへの愛情を示した。そして教壇に立ったグンソクはファンと親しげに会話を交わして場の雰囲気を心温まるものにした。

 グンソクは寄付に関する自分の哲学と分かち合いについての率直な考えを語り、楽しみと有益性を兼ね備えた講演はファンの耳目を引きつけるのに充分だった。

 またグンソクと同じく善行を行ってきた彼のファンたちは、年末を迎えて漢陽大に約3,000万ウォンを寄付した。こうしたグンソクとファンの心温まる活動が年末をいっそう豊かなものにしている。

 チャン・グンソクの関係者は「ライブやファンミーティングではない講演でファンと会う、より意味のある場だった」「今後も社会の手本となる善行に協力するアーティストとファンになってくれるように願う」とコメントしている。

 チャン・グンソクはケーブルチャンネルMnetのサバイバル番組『プロデュース101』で国民プロデューサーたちの代わりに、練習生に評価課題を与えて投票結果を発表する代表兼メッセンジャー役を遂行するということで期待を集めている。(翻訳:中島礼子)

※この記事はKstars提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

芸能の最新ニュース

»もっと見る