1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

BLACK PINKが活動再開、ピンク色のティーザーイメージ公開

2017年06月15日 17:58

 YGエンターテインメントの女性アイドルグループBLACK PINKがこのたび人気を固める準備に入った。

 BLACK PINKは今月22日を活動再開日に決定。YGエンタ側は公式ブログ上でピンク色のティーザーイメージを公開し、活動再開を予告した。BLACK PINKの新譜は昨年11月リリースの『SQUARE TWO』以来7カ月ぶりだ。

 デビューと同時に韓国はもちろん海外の各チャートを席巻してその存在感を見せつけた彼女たちは、今回の新しいアルバムでも世界中のファンの大きな関心を集めそうだ。

 BLACK PINKは今回の新曲リリース後、7月から日本へ活動拠点を移し、その活動スタートは大規模なものとなる。まず7月20日に日本武道館でショーケース『BLACKPINK PREMIUM DEBUT SHOWCASE』を開催。武道館でのショーケースは海外新人アーティストとしては異例だ。その後8月9日の日本デビューアルバムリリースや、フェスティバルやビッグなファッションイベントへの出演も行う。

 昨年8月にデビューしたBLACK PINKは『口笛』『BOOMBAYAH』『火遊び』『STAY』などのシングルを立て続けにヒットさせた大型新人。デビューして1年にも満たない新人にもかかわらず、再生回数1億回を突破したプロモーションビデオが3本もあり、YouTubeチャンネルの動画総再生回数が6億回を突破するなどホットな関心を集めている。

 また、海外14カ国のiTunesで1位、アメリカのビルボードアワードデジタルソングで1、2位、中国のQQミュージックウィークリーチャートで1、2位になるなど、アジアを越えてヨーロッパやアメリカなど全世界で旋風を巻き起こすほどの人気を呼んでおり、すでに海外から多くのラブコールを受けている。(翻訳:中島礼子)

※この記事はKstars提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る