1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

チャン・グンソク、『ZIKZIN LIVE TOUR in ZEPP』の美しいフィナーレを飾る

2014年02月04日 22:50

アジアを越えてワールドプリンスへと生まれ変わったチャン・グンソクが、『ZIKZIN LIVE TOUR in ZEPP』の美しいフィナーレを飾った。写真=Tree J Company

アジアを越えてワールドプリンスへと生まれ変わったチャン・グンソクが、『ZIKZIN LIVE TOUR in ZEPP』の美しいフィナーレを飾った。写真=Tree J Company【写真詳細】

 アジアを越えてワールドプリンスへと生まれ変わったチャン・グンソクが、『ZIKZIN LIVE TOUR in ZEPP』の美しいフィナーレを飾った。

 チャン・グンソクは昨年10月の福岡を皮切りに、札幌、東京、大阪、名古屋などで計5都全14回の公演を成功裏に終えた。

 これまでチャン・グンソクは、俳優活動はもちろんソロやプロジェクトグループ「Team H」の活動などであふれる才能と情熱を発揮、世界中で熱いスポットライトを浴びてきた。特に、彼は自身のオリジナルブランドである「ZIKZIN」を掲げて新概念のフェスティバルを主催するなど優れた企画力を発揮し、無限の成長を見せてきた。

 東京ドーム、サマーソニックなど世界最大級の舞台を踏んできた彼にとって、今回のZEPPツアーは特別な意味を持っていた。2,000席の小規模な会場、100%バンド演奏によるオールライブ、そしてゲストは呼ばずにチャン・グンソクが最初から最後までずっとステージを離れることがなかった今回の公演は、完全に彼とファンだけの熱い交流の場となった。

 ファンの呼吸が身近に感じられるステージを作りたいというチャン・グンソクの願いにより企画された今回の公演は、躍動感あふれるハイクオリティーなステージとなって観客の心をとらえた。

 2ndアルバム収録曲の『Indian Summer』『Nature boy』などの明るくパワフルな曲から、『Rain』『I Will Promise You』などのアコースティッナンバーまで様々なステージを披露する彼の姿は、圧倒的な存在感を放っていた。

 何より、ステージと客席の距離が近いという長所を存分に活かしてファンとダイレクトにコミュニケーションが取れたことが、彼にとって大きな意味を成した。彼はありのままの姿でファンに接し、率直でセンスあふれるトークで会場をさらに沸かせた。

 ステージのフィナーレを終えたチャン・グンソクは、「これまでの大きな会場とは違い、観客と近い距離でダイレクトにコミュニケーションが取れることがとても魅力的だった。今回の公演でありのままの僕を見せることができた。4カ月の間にバンドと相談して同じ曲でも違った構成でやってみるなど、新しい舞台を作ることができたので、僕自身も楽しめたし誇らしいツアーとなった」と伝えた。

 続いて、「ツアー中にドラマ撮影も並行して行なっていたため体力的に大変で、ステージに立つことが心配になったこともあったが、そんな僕の姿さえもありのままに見せていこうと気持ちを引き締めた。こうした経験は生まれて初めてだったので、より感慨深く特別なものとなった」とあふれ出る気持ちを伝えた。

 再び日本列島を揺るがしたチャン・グンソク。新韓流の中心でトレンドセッターとしての役目をしっかり担う彼の原動力は、こうした特別な発想と推進力にあるのだろう。チャン・グンソクブランド「ZIKZIN」の限界のない独走が今後どうなるのか、ますます注目が集まっている。(翻訳:中川)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る