1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 芸能 > 
  4. 記事

コン・ユ、コン・ヒョジンらマネジメントSOOPの俳優が旧正月の挨拶

2014年02月01日 20:55

マネジメントSOOPの所属俳優が2014年の旧正月を迎え、新年の挨拶を伝えた。写真=マネジメントSOOP

マネジメントSOOPの所属俳優が2014年の旧正月を迎え、新年の挨拶を伝えた。写真=マネジメントSOOP【写真詳細】

 マネジメントSOOPの所属俳優が2014年の旧正月を迎え、新年の挨拶を伝えた。

 俳優コン・ユコン・ヒョジン、キム・ミンヒ、リュ・スンボム、スエ、イ・チョンヒ、チョン・ドヨン、ユ・ミンギュ、イ・ジェジュンは29日、マネジメントSOOPの公式Facebook( https://www.facebook.com/soopent )を通じて直筆の新年のメッセージとサインを公開した。

 韓国アクション映画の新しい地平を開いた映画『容疑者』で主役を演じ、『るつぼ』に引き続き観客数400万人を突破、韓国映画界における興行保証小切手として浮上してきたコン・ユは、今年の旧正月連休を迎え、「常に健康で、たくさんの福がありますように!」という新年のメッセージを伝えた。

 ドラマ『主君の太陽』放送終了以降各種広告撮影で忙しい日々を過ごし、これまで以上に活発な作品活動を繰り広げていく予定のコン・ヒョジンは、「明けましておめでとうございます。たくさんの福がありますように」と伝えた。

 映画『アジョシ』を手掛けたイ・ジョンボム監督の次期作『泣く男』の最後の撮影を控えたキム・ミンヒも新年のメッセージを伝え、リュ・スンボムも「今年は素敵な出来事をたくさん作っていく一年にしてください。すぐに良い作品でお会いできると思います」と伝えた。

 スエは、「今年も眩しく輝く新年になりますように~^^」と伝え、イ・チョンヒも、「明けましておめでとうございます」とそれぞれファンに直筆メッセージを残した。

 先日、韓国映画記者協会が選ぶ「第5回今年の映画賞」で主演女優賞を受賞し、現在各地で映画『侠女:刀の記憶』を撮影中のチョン・ドヨンは、「皆さんのご健康を祈って … 明けましておめでとうございます^^’」と伝えた。

 また、MBCドラマ『輝くロマンス』で女性視聴者の心をとらえている新人ユ・ミンギュは、「2014年は良いことばかりたくさんありますように!『輝くロマンス』ファイティング!」 というメッセージとともにしっかりドラマの宣伝も。

 イソンヒイル監督の『夜間飛行』の撮影を終えた新人俳優イ・ジェジュンも、インディーズ映画『生殺』の撮影の合間に新年のメッセージを伝えてきた。

 写真を見たネットユーザーは、「これらの俳優たちが皆同じ所属事務所だなんて … 本当にびっくり」「韓国最高の俳優ばかりが集まっている」「SOOPの俳優の皆さん、早く次回作で帰って来てください」など様々な反応を見せた。

 マネジメントSOOPにはスクリーンとテレビで活躍する韓国トップクラスの俳優が所属しており、昨年に引き続き今年2014年もそれぞれ多様な分野でさらに活発な活動を繰り広げる予定だ。(翻訳:中川)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

芸能の最新ニュース

»もっと見る