1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

イェソン、音楽番組で活動再開ステージ初披露

2017年04月20日 20:59

■アルバムタイトルチューンは切ない春のバラード『Paper Umbrella』 

 イェソン(SUPER JUNIOR)がMnetの番組『エムカウントダウン』で新曲ステージを初披露する。

 イェソンは今月20日午後6時放送の『エムカウントダウン』を皮切りに、21日のKBS2『ミュージックバンク』、22日のMBC『ショー!音楽の中心』、23日のSBS『人気歌謡』などの音楽番組に出演、タイトルチューン『Paper Umbrella』のステージを披露する予定で、高い関心を集めそうだ。

 『Paper Umbrella』は、繊細なピアノサウンドと美しいストリングスが特徴のバラード。別れた人との記憶が雨のように降り注ぐ日、紙の傘で防ごうとしても染み込んで胸を痛くさせる…という叙情的な歌詞とイェソンの切ない歌声が交わった一曲で、音楽ファンから好反応を得ている。

 また、今月18日リリースのイェソンのセカンドミニアルバム『Spring Falling』には、タイトルチューン『Paper Umbrella』をはじめ、ギュヒョンがフィーチャー参加した『At the Time』、イェソンの自作曲『So Close Yet So Far』、アコースティックポップの『Fly』等計6曲が収録されており、より深みを増したイェソンの音楽的センスに触れられる内容となっている。

 イェソンは5月13~14日にソウルのブルースクエア・サムスンカードホールでソロコンサート『春の悲』を開催する。(翻訳:中島礼子)

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る