1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. K-POP > 
  4. 記事

SMエンタ“STATION”シーズン2が3月からスタート

2017年02月09日 16:01

■全世界に広がるコラボレーションから、誰でも参加可能なOPEN STATIONまで、さらにアップグレードしたシーズン2

 第1シーズンを成功裡に終えたSMエンターテイメントのデジタル音源公開チャンネル“STATION”が3月にシーズン2として再び戻ってくる。

 2016年1月にプレゼンテーションショー“SMTOWN : New Culture Technology、2016”において、イ・スマンSM総括プロデューサーの発表により開始を知らせた“STATION”。同チャンネルでは、昨年2月3日にリリースされたテヨン(少女時代)の『Rain』を皮切りに、今月3日にリリースされた52番目の曲でスホ(EXO)とジャズピアニストのソン・ヨンジュによる『Curtain』まで1年間にわたり毎週新たな音源を発表。アーティスト、プロデューサー、作曲家、ブランド、テレビ放送など予測不能かつ多彩な試みのコラボレーションによって、EDM、クラシック、ダンス、ジャズ、ヘビーメタルなど幅広いジャンルの音楽を世に送り出してきた。

 特にシーズン1では毎週多様な音楽を配信する音源公開チャンネルとしての位置づけを固めた“STATION”は、3月中に最初の音源をリリースし、新シーズンとして復活。より豊かでアップグレードしたコンテンツを配信する予定で、シーズン2への期待をさらに高めている。

 シーズン2ではSMエンタのアーティストをはじめ、多様な分野の外部アーティストによる参加や、一風変わったコラボレーションで話題になったシーズン1の形式を継続するのはもちろんのこと、国境を越えて全世界においてコラボレーションの範囲を拡張し、世界中の音楽ファンの耳目を引き付けていく。

 さらにSM The Ballad、SM The Performanceなどの多様なジャンル別プロジェクトはもちろん、SM Summer Vacation、SM Winter Gardenといった夏や冬シーズン向けのシリーズのプロジェクトも行う。またPVだけでなく音楽、ファッション、スポーツなどの各分野との提携によって音楽バラエティ、トークショー、ライブショー、ミュージックドラマ、生中継など、“STATION”に関わる多様なコンテンツもMCN(マルチチャンネルネットワーク)を通じて公開する計画で、より多彩な楽しみをプレゼントするチャンネルに成長する展望だ。

 また参加型コンテンツOPEN STATIONも新設。openstation@smtown.comを通じて現役作曲家、プロデューサー、インディーズバンド、アマチュアなど老若男女誰でもSTATIONに参加でき、斬新で優秀な作品にはSTATION音源としてリリースされる機会を提供、新人や隠れた実力者を発掘する新たな窓口の役割もすると期待される。(翻訳:中島礼子)

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

K-POPの最新ニュース

»もっと見る