1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 韓国ドラマ > 
  4. 記事

『Two Weeks』第2話 イ・ジュンギ&パク・ハソン、初対面シーンを公開【動画】

2013年08月12日 21:13

イ・ジュンギとパク・ハソンの初めての出会いのシーンが公開された。

イ・ジュンギとパク・ハソンの初めての出会いのシーンが公開された。【写真詳細】

 イ・ジュンギパク・ハソンの初めての出会いのシーンが公開された。

 8日に放送された『Two Weeks』第2話では、ソ・イネ(パク・ハソン)が、チャン・テサン(イ・ジュンギ)との初対面のシーンを回想するシーンが描かれた。

 娘スジン(イ・チェミ)に「ママがパパに初めて会ったはいつ?パパはいい人だったよね?」と尋ねられたソ・イネは、チャン・テサンとの出会いを回想した。

 8年前、釜山の海辺で人魚の銅像を見たチャン・テサンは、友人から「銅像か人間か確かめて来い」と言われる。銅像だと信じて疑わなかったテサンは、人魚の胸にタッチしてしまう。が、その銅像は人魚に変装した人間ソ・イネだった。

 驚いたテサンは、その場を逃げ出すが、変装アルバイトを終えたソ・イネはテサンを見つけ出しビンタを2発食らわせた。そして「正直に言いなさい!知ってて触ったのか、知らずに触ったのか!」と追求した。慌てたテサンは「知ってたら触らない!」と答えた。

 テサンの答えにソ・イネは明るく微笑みながら、女友達に「ほら!私が本物の銅像に見えたんだって!賭けは私の勝ちね!」と言いお金を受け取った。この時テサンは天真爛漫な女子大生ソ・イネに心を奪われた。

 イ・ジュンギはドラマ全体をリードしながら、チンピラから父性愛を表現する演技まで、完璧な演技を繰り広げ視聴者を虜にしている。特に、恋に落ちた純粋な青年の演技とパク・ハソンの清純な魅力は、視聴者の視線を引き付けた。

 なお、第2話は、視聴率8%を記録、第1話より0.5%の上昇を見せた。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

韓国ドラマの最新ニュース

»もっと見る