1. ホーム > 
  2. ニュース > 
  3. 芸能 > 
  4. 記事

MBLAQジオのファン、米花輪でカムバックを応援

2013年06月10日 18:46

MBLAQジオの多国籍ファンが、MBLAQの5枚目ミニアルバム「Sexy Beat」のショーケースにドリーミー米花輪を送り、1年5カ月ぶりのカムバックを応援した。

MBLAQジオの多国籍ファンが、MBLAQの5枚目ミニアルバム「Sexy Beat」のショーケースにドリーミー米花輪を送り、1年5カ月ぶりのカムバックを応援した。【写真詳細】

 MBLAQジオの多国籍ファンが、MBLAQの5枚目ミニアルバム「Sexy Beat」のショーケースにドリーミー米花輪を送り、1年5カ月ぶりのカムバックを応援した。

 4日午後、ソウル・マポ区のロッテカードアートセンターで開かれたショーケースに並べられた米花輪には、ジオのファンカフェやファンページ、香港ファン、インターナショナルファンクラブなど数十カ国のファンらが参加し、その量は計1.036トンにも及んだという。この米は、ジオが指定する一人暮らしのお年寄りや生活困窮者たちに“愛の米”として寄付される。

 ジオの国内外ファンたちは、2011年1月のMBLAQファンミーティングにジオ応援米花輪を送ったのを皮切りに、同年8月のコンサート、昨年2月のファンミーティング、5月のSBSドラマ『幽霊』制作発表会、7月のコンサート、東京コンサート、8月の『幽霊』最終回、9月の横浜コンサート、11月のミュージカル『光化門恋歌』大阪公演、今年1月の『光化門恋歌』東京公演と、これまで計6トンの米花輪を送りジオを応援してきた。

 また、MBLAQの多国籍ファンらはこれまでの4年間で16回に渡り、米花輪23.559トンと練炭花輪1450枚、ラーメン花輪240個、卵花輪200個、飼料花輪30kgを持続的に寄付してきた。そんな中MBLAQは、昨年10月、デビュー3周年を記念して、ソウルの某児童施設を訪問し、米花輪2トンを届けながら自ら子ども達に給食サービスを行うなどのボランティア活動を行ったことも伝えられた。

 MBLAQが一年半ぶりに発表した5枚目ミニアルバム「SEXY BEAT」には、ネオソウルとアーバンミュージックを取り入れたタイトル曲「Smoky Girl」をはじめ、計6曲が収録されている。「Smoky Girl」は、感覚的なビートにエレクトロニックのサウンドが加えられた、おしゃれでユニークなナンバーとなっている。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보(財経日報)提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

スポンサードリンク

写真ニュース

»もっと見る

スポンサードリンク

芸能の最新ニュース

»もっと見る